頑張る人の応援団

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相撲のアンケート


 今場所から相撲協会が来場者にアンケート調査をしていることを御存知でしょうか?


 数々の不祥事からの復活を目指す日本相撲協会の取り組みです。
 ただ一昨日の敬老の日の国技館は、4割以上が空席という状況でした。

 

そのような現実がある中、人気回復策として実施し始めたのが毎日1000枚のアンケートを入場者に配布すること。

一番一番の取り組みについて力士個人の相撲の内容をお客様が4段階で評価しているそうです。

 

そしてこのアンケート結果は毎日その日のうちに、相撲協会のホームページで見ることができるのです。

相撲ファンのみならず、恐らく当事者の力士も見ているのではないでしょうか。


 自分の今日の相撲が、観客にどのように映っていたのかを知ることができるので、大変興味をもってみるのではないかと思います。


 力士はプロですから、入場料を頂いて相撲を見せるのです。観客が満足するような取り組みをするのは当然のことです。

 そこでもし不満足な内容として観客がみているのであれば、プロとはいえないでしょう。

 

このアンケートのねらいはプロとしての意識づけが根本にあるのではないかと思います。


 アンケート担当の伊勢ノ海親方も「お客様から見られていることで、頑張ろうというモチベーションにつながっている」と話していました。

 

つまり人は自分の評価が気になる動物なのです。他人からどう思われているのか、好かれているのか、嫌われているのかなど評価が気になるのはごく自然なことです。

 


特に積極的にその評価を見たい、知りたいと思う人は「頑張っている人」ではないかと思います。逆に「頑張っていない人」は、評価は見たくないという心理ではないでしょうか。


それは自分で結果がある程度分かっているからです。そういう人は、言い訳や抵抗という形で自分を保身し始めます。

 


 私も研修で評価研修を担当していますが、「評価」と聞くと、なんとなく嫌なもの、避けて通りたいものというイメージの方が多いのかなと思います。

 
 しかし「評価」の本来の目的は、「成長させる」ことだと考えています。

 

 そして成長のために必要なものが「目標」なのです。


 評価とは「目標」と「現状」の差をみること。だから評価をしないと、目標に何が足りないのかが分からないということになります。



 そして頑張っている人ほど、目標が見えやすいので、さらに足りないことをがんばろうという意識が働くのです。頑張っている人は評価されたいのです。

 

話は戻りますが相撲協会のアンケートでの1位は稀勢の里、2位は白鵬という結果だそうです。


 その他には隆の里という幕内最軽量の力士も評価が高いようです。

 確かに一生懸命さが伝わる力士だと思いました。


 毎日アンケートで上位にくる力士はモチベーションが高いのは間違いないでしょう。


 だから結果も付いてくるのではないかと思います。


 プロは評価されるとういことです。


 プロとはお金をもらって働く人です。

スポンサーサイト

| 評価 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人の評価

 人はいつの時代も何らかの評価されながら生活していると思います。
 評価=順位をつける
 評価=人を育成する手段
 評価=モチベーションを上げる(下げる)

 などなど、評価の目的はいろいろあるのではないでしょうか。

 企業の人事評価などは、人が人を評価するということが基本です。
 どうしても人の主観が入り込む余地は残されています。

 評価に関する本を読んだり、研修に参加すると評価者に生じやすい評価の
注意ポイントが出てきます。

 例えば、5点尺度の評価であれば、中心の3、4点に評価が集中してしまう中心化傾向や

      部分的な印象が全体的な印象に影響を与えるハロー効果

 など評価者の主観によって、被評価者は大きく評価内容が変わることも実際の現場では
よく起きる課題です。

 同じ人でも評価者によって見る目が違ってくることを最近身近で感じることがありました。

 我が家の次男に対する評価・印象が前学年と大きく違う点です。

 親として毎日接する中で、4年生時と5年生時で特に大きく変わった点は見受けられませんが、
学校からの連絡帳や家庭訪問時の先生の印象が非常に良い方向に変わっています。

 どちらかというと親分肌のわんぱく少年ですので、1年、2年、3年生とよく学校から電話連絡
があり、家庭指導もしたものです。

 しかし今年に入って、先に述べたように先生によって次男に対する見方が違うのか、良いところを
見つけ褒めてくれるので、本人も率先して先生のお手伝いをしたり、クラスのリーダー役を引き受けたり
しているとお話いただきました。

 まさに評価者によって人材育成は大きく変わるのだという実例を目の当たりにした感じです。

 私もリーダー研修・評価者研修の中で、評価の目的は「人材を育成するための手段」ということを
お話しています。

 現在の自分の位置を第三者の評価によって確認し、

 自分の目指す姿(目標)とのギャップを認識し、

 目標設定でそのギャップを埋める手段・方法を自分で決定していく。

 あくまでも人材育成の過程で、「評価を活用する」という点が重要だと思います。

 「評価すること」が「目的」になってしまっていた成果主義は、今や昔の出来事でしょう。

| 評価 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。