頑張る人の応援団

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富山型デイサービス視察

 9月10日、11日と富山県にて富山型デイサービスの視察をさせて頂きました。
 富山型デイサービスとは、高齢者、障がい者(児)、子どもが一緒に生活するデイサービスです。

 よく知られているデイサービスとは、高齢者の方を日中生活の場として提供する施設だと思いますが、富山型は
どの世代も一緒に生活することがコンセプトになっています。
 代表の方のお話いただいた中にもあったのですが、「普通の生活では、高齢者も子供も障がい者を区別することは
ないですよね、なぜ福祉になるとわざわざ分けるのでしょうか?」と。

 ほんとに共感しました。富山型に不安を感じ、反対をする福祉関係者がいますが、その方々が言われることに
「高齢者と子供が一緒に生活すると事故が発生するから危ない」
「福祉の資格は高齢者、障がい者、子どもと分かれているので、専門性がない方が面倒をみることは危険だ」など
できない理由ばかり並べます。

 果たして本当でしょうか?
   例えば3世代家族はいつも事故が発生しているのでしょうか?
   介護福祉士と、保育士はどれほど明確な専門性があるのでしょうか?

 介護、福祉は生活の場を支える「ケア」です。
 デイサービスでは介護員は資格は不要です。資格なしで介護職員として勤務している方は沢山います。
 そこに資格の有無とか専門性をもってくことは、こじつけ以外の何ものでもないと感じてしまいます。

 現在、全国では1400以上の富山型デイサービスがあるそうです。
 富山県では110箇所あまりとのこと。
 全国にこの富山型の積極的なサービスが提供できる国の制度に期待します。

 「困っている方をとにかく助ける。そこに資格は要りません。ただ想いは必要です」
 富山型デイサービスの「おらとこ」の野入代表のことばが強烈に頭に残る最高の視察でした。

 有難うございました。
スポンサーサイト

| 高齢社会 | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超高齢社会の交通事情は?

・高齢者の交通事故

 最近の報道でよく耳にするのが「高齢者の事故」です。
 高齢者の事故と言っても、少し前なら「高齢者が被害者」というものが多かった気がします。
 ところが最近は、「高齢者が加害者」というケースが増えていると言います。
 
 例えば、先日もあった事故はコンビニエンスストアに自動車が突っ込み、中にいた従業員がけがをするという事故を報道されていました。その他にも兵庫県では60歳代の女性2人が屋上駐車場から車ごと転落し、2人とも死亡という痛ましい事故もありました。また東京でも70歳代の男性ドライバーが同じような事故を起こし、通行人の女性が死亡との事故もありました。

 それらの事故原因の多くが「アクセルとブレーキの踏み間違い」

 原因は至ってシンプル・単純で、高齢者以外ではあまり聞かない事故原因ではないでしょうか。
 これだけ同じ原因での事故が増加すると、自動車メーカーも何らかの対応が避けられないのではないかと思います。

・超高齢社会の交通事情は

 私は仕事柄、車で移動することがほとんどです。
 そして最近感じることがあります。

 「もみじマーク」の高齢者ドライバーの多さです。
 私の母も80歳近い年齢ですが、いまだに軽自動車を運転しています。しっかり「もみじマーク」を表示しています。
 そしてその運転の特徴は、ゆっくり走る安全運転です。
 名古屋は道が広いことで有名ですが、それに合わせて他の都市に比べると車の平均速度は速いのではないかと思います。(交通死亡事故が多いのはそのせいだと思います)

 そこに高齢者ドライバーが時々、なかなか車の流れに乗れずに走っています。
 無謀な運転をするドライバーよりは、よっぽど良いのですが、これが原因での追突事故も増えていると聞きます。

 いま日本は65歳以上の人口が15%に迫ろうという超高齢社会です。
 さらに若者の車離れも進んでいます。

 ということはこれからますます高齢者ドライバーの割合は増していくということです。
 私も23年後には65歳以上の高齢者ドライバーです。

 高齢者が安全に運転できる交通社会のインフラ整備などは今から進めていく必要があるのではないかと思いながら、今日も車を運転しておりました。

| 高齢社会 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。