頑張る人の応援団

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

情報収集

 今日は2件の福祉施設にお邪魔し、リーダー、主任クラスの方にインタビュー、ヒアリングをさせていただきました。
 このように最近は知り合いの福祉施設を訪問させていただき、特に主任クラスの方から、リーダーとしての「仕事のやりがい」をお聞きしています。
 私も民間企業の出身の社会福祉士で、リーダー研修など受講する立場での経験もしていますし、ここ数年は企業でのリーダー研修をさせていただいております。最近は福祉施設でのリーダー研修も担当させていただいておりますが、少しモチベーションの源の違いを感じております。
 基本的に民間企業のリーダーは、リーダーになった当初は、もちろん不安もあると思いますが昇進した喜びを感じている方が多いと思います。

 反面、福祉施設のリーダーは、不安とともに拒否感などリーダーという仕事への抵抗感があるように思います。
 それがインタビューから良くわかります。
 福祉リーダーのモチベーションの多くは、利用者との出会い、接遇にやりがいを感じ、職員などをまとめるリーダー職は本来やりたい仕事から離れる傾向が強いことが見えてきます。

 それではどこに焦点を当てると福祉リーダーのやる気が出るかは、企業秘密ですので、弊社のセミナー等で公開していきたいと思います。

 多くの方からヒアリングをしていますから、すぐ傾向がでますのでやはり現場の重要性を改めて感じます。
 今は50名弱のデータですが、今後300名くらいのデータを目指したいと思います。

 福祉業界のみならず企業においてもリーダーの役割の重要性が増しています。トップダウンにしてもボトムアップにしてもその真ん中にいるのがリーダーです。リーダーというクッション役が組織の成功のカギを握っていることは間違いことです。

 
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。