頑張る人の応援団

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊達直人現象

 昨年12月25日に群馬県の児童相談所にランドセル10個が送られたことが発端で、全国で伊達直人さんが養護施設などにランドセルなどを送ってくれる現象が続いています。

 無縁社会などと揶揄される最近の日本社会ですが、まだまだ無縁社会ではないと思える出来事です。
 
 社会に貢献したい、人の役に立ちたいと願っている人が意外に多いのにびっくりです。そのように常日頃から思っていても、あまり関わりのない福祉施設などにどのような形でお役にたてるのかが、分からなかった方も多くいらっしゃったのではないかと思います。

 人の役に立つこと、人から喜ばれること、人から感謝されることが如何に気分の良いことなのか、お互いが感謝し合うという社会は素晴らしいと思います。このようなニュースばかりの日本を、微力ながら貢献していきたいと思います。
 福祉の世界で働いている方のモチベーションの原点は、ここにあるようです。

 私も福祉の世界と関わりがありますので、多くの日本人が伊達直人さんのような気持ちを持ってくれる方が増えるとうれしくなります。
 
 ただ今回のマスコミの報道の仕方に少し違和感を感じます。急に福祉に貢献する人が増えたような印象を与える報道ぶりですが、実は常日頃から福祉の世界に対して、生活用品や食料を寄付している方も、非常に多いという事実があるのです。

 今回はタイガーマスクの伊達直人さんが送り主ということもあり、マスコミが取り上げているのかもしれませんが、伊達直人さん以外の常日頃から寄付している方にも、スポットライトを当てていただきたいというのが、私の個人的な願いです。

 今回の出来事をキッカケにぜひ多くの方が、福祉の世界に関心を持っていただき、他人の為に役立ちたいと思う方の輪が広がってくれることを願っています。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。