頑張る人の応援団

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

支援の方法

 ここ数日、ブログを書く時間がないというか、自分でも若干疲れているのかと思うことがあります。
 震災後、日本全体がしんみりしているのは仕方がないことだと思います。被災地でも被災者の方にも疲れが出始めているとも聞きます。
 
 マズローの5段階の欲求の原則でもありますが、被災直後は第一段階の「生理的欲求の充足」が求められます。つまりまず「生きる」ということがメインであり、食料やトイレの問題など生きる上での土台が重要になってきます。

 次の段階では「安全の欲求」。安定を求めることが次の目標になってきます。被災地では徐々にこの段階になるのではないかとも思います。

 安定した生活を求めるために、働くことなどが頭に浮かんでくるのではないかと思います。

 昨日も私が理事を務める社団法人の代表と、社団法人としてどんな貢献ができるかと打ち合わせをしておりましたが、この大震災に対しては段階に応じた支援が重要ではないかと話しておりました。

 短期的には義援金や救援物資が必要でしょうし、長期的には雇用や住宅の確保などが必要になるのではないかと。

 私たちの一般社団法人 福祉経営綜合研究所では福祉の分野に特化し、施設の再建や慢性的な人材不足に追い打ちをかける今回の人材難への支援など長期的な支援をしていこうと話しています。

 今回非常に大きな被害のあった陸前高田市では介護職のボランティアがほとんど集まらない状況との報道もありました。

 福祉施設では、ただでさえ万床の状態で、介護者が動き回っている中で、他の施設からの受け入れは、現状のままでは不可能とも聞きます。

 私たち社団ではこのような点にも注視しながら今後の支援を考えていきたいと考えています。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。