頑張る人の応援団

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吹奏楽のチーム力

 私は昔から吹奏楽(ブラスバンド)を聞くのが好きです。
 以前も書きましたが、今年のセンバツ高校野球でブラスバンドがなかったのは残念でした。
 夏の高校野球には期待します。

 吹奏楽を聞くと、元高校球児の私はその時代を思い出しますので、自然に元気がでます。
 その時代とは、甲子園という具体的な目標があり、何事にも頑張っていた時期なので、頑張ろうと自分に発破をかけようと思う時、この吹奏楽の音は非常に心地よく感じます。脳がそのように反応しているのだと思います。

 私にとってはモチベーションを上げるという役割が吹奏楽にはあるととに、もうひとつ学ぶべき点があります。

 それは吹奏楽のチーム力です。
 素人ですので演奏の詳細はわかりませんが、主旋律を演奏するパートと補助するパートのコンビネーションが上手く揃って始めてあの迫力のある曲を奏でることができるのだと思います。

 私は最近、時間があるときにはYOU TUBEで吹奏楽の演奏を聞いています。
 天理高校、愛工大名電、市川高校、習志野高校など吹奏楽で有名な高校の演奏が投稿されていますので、画像でみるとそれぞれのパートごとに注目してしまいます。演奏はもちろん素晴らしいのですが、演奏者が自信をもって演奏している姿にも心打たれます。

 これはビジネスの世界でも非常に共通すると思います。
 つまり役割分担が非常に機能しています。それぞれのパートが自分の役割を果たさなければ全体として成立しません。
 そして自分の仕事に誇りをもって自信を持って仕事することの重要性を感じます。
 これらが欠けると素人の私でも何か迫力なのない音楽だな気付くと思います。

 仕事上の組織も営業、総務、経理、製造などそれぞれ役割があり、そのひとつでも書けると会社が上手く回らないということもあります。
 
 最近の日本人は何となく自分さえ良ければよいという風潮にあると思います。
 震災で相互扶助するという雰囲気にはなっていると思いますので、この機会に、日本人一人ひとりが自分の役割を果たし、自信をもって行動するということが求められていると思っています。

 吹奏楽はそういう点でも非常に参考になることがあるのではないでしょうか。

 
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。