頑張る人の応援団

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高校球児のあいさつ

  いよいよ高校野球の季節が到来です。
 昨日は沖縄代表が決定し、今後もぞくぞくと甲子園出場が決まります。
 私もこの時期は、時間があると地方予選を観戦に行きます。
 今年も自宅近くの阿久比球場での開幕戦をみてきました。


__


 球場に着くなり、多くの選手から「おはようございます」と声を掛けられました。
 一緒にいた次男が「お父さんの知ってる人?」と聞いてきました。
 私は「知らない人だよ」と言いました。
 すると、「高校野球の選手は声が大きいね。僕も大きな声であいさつしたくなった」と言いました。

 実は甲子園大会でも、野球Tシャツなど何となく野球をしているだろう格好で、球場周りを歩いていると多くの選手にあいさつをされます。なかなか気持ちのよいものです。
 

 球場の選手入口には「マナーのできる選手になろう」と張り紙がしてありました。
 選手たちが、それを当たり前に実践していることに私もうれしい気分でしたし、うちの子供も何らか感じるものがあったみたいでした。

 地元の高校の試合でしたが、この試合には知り合いはいませんでしたが、やはり選手からの
あいさつはとても気持ちのよいものでした。

  野球だけではないですが、スポーツをしている方は「あいさつ」については、ごく自然なことだと思います。

 挨拶をするタイミング、場所、声の大きさなど自然に身につくのではないかと感じます。
 子供のころに身に付けた「当たり前のこと」は、大人になっても自然にできるものです。
 改めて訓練、トレーニングをする必要もないくらいにです。

 新入社員研修など若手を研修すると、こどものころに「当たり前のこと」が身についていない人が増加していると感じます。
 学校生活からぜひ「あいさつ」を徹底してほしいと思います。





 

| コミュニケーション | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。