頑張る人の応援団

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

売れる営業マンの秘密


トップセールスと言われる人間のイメージはどのようなものでしょうか?

 「商品知識に優れている」

 「頭の回転が早い」

 「話すのが上手」

 「行動力がある」

「礼儀正しい」

「時間を守る」などのイメージが湧くのではなかいと思います。

 

 実際私が担当している「営業マンセミナー」で同じ質問をするとこのような答えが返ってきます。もちろんこのような特性、行動力があれば「ものは売れる」かもしれません。

 

 ただ実際トップセールスの多くの共通する行動には次のようなものがあると感じます。

 「商品知識はやや豊富」

 「相手の気持ちを読むのがうまい」

 「聞くのが上手」

 「マメに動く」

 「あいさつが気持ち良い」

 「約束を守る」 など上述のイメージと重なる部分もありますが、少し違うのです。

例えば「話すのが上手」というよりも「聞くのが上手」だったり、「細かな商品知識がある」というより「商品知識はほどほどで、詳細については相談する聞くパートナーが存在する」などです。

 実際のトップセールスは「コミュニケーションする力」が秀でているということだと思います。

 ビジネスの基本は「相手・お客様」を儲けさせることです。

 お客様は自分にとって利益のあることは関心を持ちます。逆に自分に関心のないことは「聞く耳さえもたない」ということです。

 これはドラッカーのコミュニケーションに対する考え方の基本にも述べられていることです。

 

 私もオーラル商品(アパガード)の営業時代、実践を通じこのことに気づきました。

 ・お客様に関心のあることは何か?

 ・その解決方法はどんなものがあるのか。

この2点に絞って、自分の提供できる商品を当てはめたとき、答えがでたのです。

結果は、トップ成績です。

私にとっても仕事が楽しいという境地に入り、お客様から「教祖」と呼ばれる存在になりました。お客様に会うのが楽しいオーラを出すと、お客様にも伝わります。

 

やはりコミュニケーション力を鍛えることが重要です。

スポンサーサイト

| コミュニケーション | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。