頑張る人の応援団

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来型有料老人ホーム

 いま、介護業界では少し異変がおきつつあります。
 サービス付き高齢者向け住宅というものが急ピッチで建設されています。
 今年度、政府はこの住宅の普及に向けて325億円の特別予算を計上しています。
 今年度は3万戸を建設します。
 10年間で60万戸を整備するとしています。

 ちなみに首都圏の新築の一般物件が年間4万から5万戸の建設ですからそのペースは驚異的であるということがわかります。
 それ以外にも有料老人ホームなども続々とオープンしています。最近私の住まいの周辺でも知っているだけで3つの有料老人ホームがオープンしました。

 少し前までは、有料老人ホーム=高額入居一時金 というイメージが強かったと思いますが、募集のチラシなどを見ると以前のような高額入居一時金はなくなってきていると思います。
 ホームによって年齢ごとに一時金の金額に差を付けていたりしますので、自分に合ったホームの選択も重要になってくるのではないでしょうか?

 さて今日、ケアネットホーム高畑という9月にオープンしたばかりの有料老人ホームに伺いました。
 施設長の高野さんに施設内を案内していただいたのですが、非常に関心することばかりでした。
 高野さんは看護師さんでありながら、介護コンサルもやられていた経験から、施設の細部に渡って、気を配っておられることに驚きました。

 コンセプトは2つ、「利用者目線」「職員目線」だそうです。
 各フロアごとに、想定される利用者像があり、その利用者のご利用目線で設計が施されておりました。
 案内表示版、トイレ、医療用コンセント、室内灯の位置など、実際に看護師としての多くの経験から導き出されたものです。
 さらに驚いたのが医療との連携です。詳細は申し上げられませんが、医療と介護の分断など現在多くの施設が課題として抱えている問題は、ケアネットホーム高畑さんにはありません。

 このような施設ですので、実際建設会社の最初の設計プランとは大きく異なる施設になったそうです。ただ建設コストは大きく上昇しておらず、「必要なものを必要なところに必要な時に配置できる」というコンセプトがかなり反映されています。
 まさにトヨタ生産方式のジャストインタイムの考え方に近いなと思いました。

 私も仕事柄多くの介護施設を拝見していますが、ここまで配慮が行き届いた施設は見たことがありませんでした。

 冒頭に紹介したとおり、いま新しい形態の高齢者の住まいが続々と誕生していますが、ただ建設しておしまいではなく、その後の利用者、現場職員に最大の配慮をした住まいができることを期待します。

 いま特別養護老人ホームなど福祉施設の入居待機者が42万人いると推計されています。
 この10年間で60万戸の高齢者の住まいが整備されると、数字上は待機者ゼロとなります。
 費用も、これから一段と競争が進むでしょうから、必然的に下がるということは容易に想像できます。
 様々な情報から想像するに、10年後の介護の世界は動きの早い変化に柔軟に対応できる事業体のみが事業を継続している状態になっていることでしょう。

 そしてサービスもケアネットホーム高畑さんのような有料(優良)老人ホームはますます充実していくのではないかと感じます。
 いよいよ全て競争という流れになりつつあるのではないかと実感しています。

 高野施設長、本日はありがとうございました。

 
 
スポンサーサイト

| 福祉経営 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。