頑張る人の応援団

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敬老の日

 

 今日は敬老の日です。


 2980万人。これは今の日本の65歳以上の高齢者の人口です。
  日本全体の人口に占める割合は23.3%になります。

 

 65歳以上の人口が7%を超えると「高齢化社会」

   同じく    14%を超えると「高齢社会」

   同じく    21%を超えると「超高齢社会」といいます。

 つまり、いま日本は「超高齢社会」に突入しているのです。

 

 そして2025年には人口の3分の1、約4000万人が65才以上の高齢者という推計調査もあります。
  世界に類を見ないスピードで進む高齢社会に対して、やはり対策は必要です。

 

 衣食住も大きな変化が始まっています。

 例えば「食」という面では、主食である「米」をつくる農業人口が激減しています。農業を営む多くは高齢者だと聞きます。後継者問題など農業を継承しようという若者は多くはありません。

 今後の超高齢社会の中で農業はどうなるのでしょうか?



 また「住」という面も注目されています。

 高齢者の住む場所は今後どうなるのか?

 「自宅」「施設」でしょうか。

 ここには「介護」という側面をしっかり考えていく必要があります。「自宅」で暮らしたくても重度な症状では、在宅介護は難しいでしょう。
  かと言って「施設」に入居出来るかと言えば「42万人」の待機者がいる。

 いったいどこに住めばよいのか、介護が必要になる前に何らかの対策・準備が必要だと思います。

 

 そのほかにも「雇用」「コミュニティ」など「超高齢社会」でどのような生き方がベストなのか.

  
 私も2034年には65才。高齢者の仲間入りです。
 
 今の夢(予定)では海外生活をしているはずです。
 
  改めて考える一日でした。

スポンサーサイト

| 生き方 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。