頑張る人の応援団

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分から実践する

 東日本大震災から一年。まだまだ復興はしていない様子がテレビを通じてよく分かりました。
 私は現地を訪れていませんので、テレビで観たり東北在住の方から話を聞いていることからしか現地を知る事はできません。
 
 1年経過しての印象は、がれきの多さ。全てが生活用品ですので「がれき」という言葉にも違和感を覚えますが。
 復興のためにまず必要なことは「がれき処理」とのこと。
 家を建てたり、街を造ろうと思っても「がれき」の上につくる訳にはいきません。
 「がれき」処理も地元の自治体を中心に、周辺自治体もいくつかが協力を表明していますが、まだまだという状況だと感じます。

 「がんばろう日本」「がんばろう東北」などと言いつつも、「がれき」処理にはどこかひとごと。
 国への信頼などいろいろと理由を述べて自治体も腰が重い。
 本気で協力しようと首長が表明すると反対住民や団体が押し寄せる始末。その反対勢力に自治体は弱腰ですのでことは進まない状況が続いています。

 反対勢力はどこにでもいます。会社のコンサルティングをしていても、何かしら反対する勢力はあるものです。
 「2:6:2の原則」ということが組織論で言われますが、まさにそのとおり。

 積極的に取組む勢力20%
 どちらでもない勢力60%
 何でも反対勢力  20%

 がれき処理でも協力自治体が全体の20%に達したら、一気に協力する自治体が増えるのです。
 早く「どちらでもない勢力」が協力体制になることを私は期待しています。

 その中でも神戸など「阪神大震災」で全国からの支援を受けた自治体が、なぜ表明しないのかが一番腑に落ちない点です。
 自分たちは支援してもらったが、自分は支援しないという典型です。

 「だれかがやってくれる」という人頼みはそろそろ卒業してみてはと思います。
 率先垂範するのは誰か?
 それは当事者、関係者が一番しやすいのです。
 
 だからこそ同じ境遇にあったところが率先垂範するべきではないかと思います。

 企業内でも同じです。「だれかがやってくれる」という雰囲気の会社はすぐわかります。
 活気がありません。
 一番良く現れるのが「あいさつ」です。

 誰かが「あいさつ」するまで誰もしない。
 しかし誰かがすると一気に行う。

 ここでもわかりますがまずは20%のやる気社員を育成すると、会社も大きく伸びるのです。

 「みんなで協力して行う」という意識は非常に重要です。

| 組織運営 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。