頑張る人の応援団

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人の話を吸収する

5月も終わりに近づき、会社では新入社員も仕事に慣れ始めているころだと思います。

 私も4月は新入社員研修で多くの新人さんにお会いします。

 緊張している表情、期待に満ちている表情など様々でした。

 それが5月になるとまた違った表情になっています。

 既に実績がでて少し自信が湧いてきている新人さん。

 反対に職場や上司になかなかとけ込めず、仕事の実績はまだまだという新人さん。

 新入社員研修をしていますと、研修後1ヶ月経ってお会いすると最初の印象が大体あたっています。

 期待に満ちている表情の方の特徴は、なんでも吸収しようとする想いが強いと思います。

例え知っていることでも、別の人から聞くと印象が違って聞こえ、別の角度から物事をみることができるといいます。素直に聞くことが非常に大切だといくことです。

 某企業でリーダー研修をさせていただいていますが、とても素直な気持ちで研修を受講頂いているので、こちらも内容がどんどん深くなってきます。相手が吸収する度合いが大きいと、吸収される側も多くの素材を提供しようという気持ちが増えるのではないかと感じます。

 相手のことを知りたい、情報を得たいと思うのであれば、自分の吸収量を如何に多くすることがポイントになるのだと思います。

 「吸収量を増やす」=「聞く技術」

 「聞く技術」は簡単なようで実は非常に難しいことです。

 新人の方にはこの「聞く技術」は是非身に付けていただきたい手法です。
スポンサーサイト

| 人材育成 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。