頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感謝される

  最近の仕事でも第一声は、必ず震災の話からです。テレビも震災のニュースが中心ですので、お互い「何となく気分が乗らないですね」という会話が多いです。そんな中、テレビも少しづつですが、通常の番組に戻りつつあります。
 早く、震災が復興し一日でも早く、以前のような状況に戻るのを祈るばかりです

 ところで最近のニュースでは大震災の影響は直接の被災者だけではなく、物不足という意味では間接的に被災している方もいると聞きます。
 私の住んでいる愛知県ではあまり影響がないと思っていたのですが、今日スーパーでお米を買おうとしたら、全て売り切れでした。
 個人的に友人や親戚に送ろうとする方が多いのかもしれません。

 これは他人のための役に立とうとする行動の現われなのでしょうが、他の人の役に立つためには仕方ないことなのか、難しい問題です。

 しかしテレビで見る映像には、被災者同士が助け合う姿も見ることができ、とても感動する場面も多々あります。
 中学生や高校生がおじいちゃん、おばあちゃんのために率先して行動している姿は見ていて嬉しくなります。

 阪神大震災のときも、普段はやんちゃな子が率先して救助活動のお手伝いをするなどの姿も思い出します。

 彼らの動機を聞くとみんな同じ答えが返ってきます。

 それは「相手が喜んでくれるから」「相手に感謝されることが嬉しいから」と言います。

 人は誰でも感謝されて、嫌な人はいないと思います。
 感謝されることで、次へのやる気につながります。

 私も仕事でも心がけていることが、「お客様に感謝されること」です。
感謝されるためには、自分が提供できるサービスは何なのかを考えます。

 ボランティアをしている中学生や高校生はお金のために行動を起こしているのではなく、喜んでもらえることが嬉しくて行動を起こしているのです。

 今回の震災から多くの教訓を得ることができます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/113-3899af18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。