頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やめないでよかった

 今週日曜日の男子プロゴルフツアーの日本プロのメジャータイトルを獲得した河井博大選手。プロ16年目での初優勝を果たしました。

 私もテレビで観戦していたのですが、苦労人の勝つ姿、目標を達成する瞬間の姿は、大変感動します。
 優勝インタビューで「やめないで良かった」という言葉は私の心にもズシーンと響きました。

 多くの成功した方のお話やビジネス本を読むと、この「やめないで続けたから成功した」という言葉は多くのところでお目にかかります。

 言われてみれば当たり前のことです。

 自分で目標を決め、実行し始めるが途中、いろいろな困難や障害によってモチベーションが下がり、実行力も次第に弱くなる。そして最終的には止めてしまう。

 結果は目標の未達成、失敗ということになります。

 成功している人は、困難や障害も想定内のことと考えていますから少々のことにはめげない強いモチベーションを維持し続けると思います。そして途中でやめないでやり続けるのでいつかは成功する、目標を達成するというものだと思います。

 昨日もある企業の幹部候補社員にパーソナルコーチングをさせていただきましたが、結局は目標設定時に、どれだけ困難や障害を想定しておくことができるかが、重要だとお話しています。

 最近は目標設定をする方も増えてきていると実感します。その設定のプロセスでは「出来たこと」、「達成したとき」、つまり良いイメージだけを想像して目標を決定する指導もありますが、私はプロセスに想定される障害や困難をイメージしておくことで、そこに遭遇したときのショックを少し緩和できると思います。

 これは私の営業経験からも強く感じることです。

 私にも60歳までに達成する夢があります。 
 もうすぐ42歳になりますので、60歳まであと18年です。
 先述の河井選手は16年かかって目標を達成したそうです。
 私も18年後には達成できたという実感を味わいたいと思います。
スポンサーサイト

| 目標設定 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/128-b112c72b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。