頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

習慣づくり

今日から中1の長男が昔でいう中間テストです。
 今は学力到達度テストという名称に変わっているようです。

 小学校では学年順位などの序列化がされないので、自分の相対的な学力レベルが分かりにくかったですが、
中学校では明確な学年順位が分かりますので、親としても少し気になります。

 最近、長男が朝早く起きて勉強するという習慣が徐々に出来てきたように思います。
 まだ毎日とはいかないですが、自分で起きて朝から計算ドリルや漢字練習などをやっています。

 少し勉強をする意味が分かってきたのかとも思います。
 私もコーチングを生業としているので、子どもにもコーチングを意識して接しています。

 そのお陰か最近は「勉強しなさい」とはほとんど言いません。言わなくても「勉強する」という意味が子どものこころに落ちれば、主体的・自律的に行なうものだなと自分の子どもでも実感できます。

 あとはこの「勉強する」という習慣が完成した時、子どもの気持ちの中に勉強しないと落ち着かない、気分がすっきりしないという感情が沸いてくるものだと思います。

 私も資格試験の勉強をしているとき、同じ行動をしていました。
 朝は5時30分起床、その後7時まで90分間、勉強を約1年続けました。
 最初は毎日とはいきませんでしたが、1ヶ月もすると、勉強をしないほうが気分が落ち着かないという気持ちになっていました。
 前日が遅く、どうしても5時30分起床できないときは、仕事中のスキマ時間の90分を確保し、朝の分を挽回しようと行動していました。

 ほんとに習慣は恐ろしいものです。

 この習慣を良い方向に活用すると、今までとは違った世界が見えてくるのではないかと思いながら、今後もさらに良い習慣づくりをしていきたいと思います。
スポンサーサイト

| 人材育成 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/132-a6fc6a2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。