頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

期待する or 期待しない

   日本の首相が5年で6人目の交代です。世界各国のメディアの論評も歓迎ムードではない様子です。
 中国、韓国のあるメディアは、完全に上から目線の論評です。

 また日本国内においても内閣支持率は60%台とのことです。ご祝儀相場とはいえ、まあまあの支持率ではないかと思います。
 前首相の末期状態から比較すれば、V字回復と言ってもよいのではないでしょうか?
 
 ただマスメディアのニュースなどで街頭インタビューをみると、ほとんどの人が

「期待できない」
「誰がやっても同じでしょう」
「何をやってくれるのか」 などというなんとも頼りない答えのオンパレードです。

 さらに野党自民党、公明党などもまずは批判することから始まることも聞いていてうんざりします。

 「期待している」というコメントはごく少数です。日本国民=マイナス思考集団という感じです。

 例えば「自分の会社に期待していない」「社長が何をしてくれるのだろう」という気持ちで働いている方は少ないと思います。
 人は何らかの組織に所属しています。
 日本国民は全員が日本国という組織に所属しているのです。
 自分の属している組織に堂々と「私は期待していない」というコメントができるのが不思議です。
 何か他人事です。


 いま諸外国で元気な中国や韓国など自分の国に自信を持っていますし、今後には少なくとも期待はしていると思います。私の友人の中国人は「なぜ日本人は自分の国を悪く言うのですか?」「自分の国に自信がないのか」
と言います。
 「自信をもっている人も沢山いるよ」と言いますが、彼の周辺にはなかなかいないようです。

 日本は中国、韓国などと真逆の心理状態。これでは世界に勝てるわけがありません。

 確かに政治不信に陥るニュースが多いのは事実ですので、「何やってんだ」という気持ちになることもあります。
 しかし文句や他人任せの表現ばかりでは、前に進みません。

 大震災や超円高など日本という組織を取り巻く状況は大変厳しいですが、こんな時こそ「期待しよう」「自分にできることは精一杯やる」「みんなで協力しよう」という気持ちでいることがとても重要だと思います。

 自分の所属する組織に期待なしにやる気は高まりません。

 まずはどんな組織が理想なのかをイメージして、今は何をすべきなのかを確認して、まずは実行するということを私は実践していきたいと思います。

スポンサーサイト

| リーダー | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/152-289419ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。