頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イメージさせる力

  今日は、東海商工会議所でブランディングのセミナーを受講してきました。

 午前中は、弁護士の先生と、福祉・介護業界を支援する士業ネットワークの提案打合せをしていました。
 以前よりホームページやブログで紹介しています「ふくしまる」(一般社団法人 福祉経営綜合研究所)において士業のネットワークを構築して、業界を組織で支援できないかという相談をしておりました。
 これを「ふくしまる」のブランド戦略にも何とか活かせないかと考えております。

 そして午後は、先の「ブランディングセミナー」を受講しましたが、非常に多くのことを吸収できるセミナーでした。また受講料1000円は満足度をさらに上げました。

 さて今日のセミナーで改めて感じたのは、セミナー講師は「熱意」と「相手にイメージさせる力」だなと。
 今日は中小企業診断士の渋谷先生のお話だったのですが、非常に多くの生の事例に基づてお話されるので、分かりやすいのです。

 要するに先生の話の内容がイメージしやすいのです。

 気づくと聴講しながら自分の会社の事例に当てはめて考えていました。

 私もアパナチュール(アパガード姉妹品)という高機能歯磨剤を営業していましたが、売りまくっている時は、よくお客様から「志賀さんの話はイメージしやすい」と言われたことを思い出します。

 例えば「今までの人生で歯医者に行ったことのある人、手を挙げて下さい」と質問します。
 ほぼ100%に近い方が、自信をもってYES。

 次に「歯を毎日磨いている人、手を挙げて下さい」と。
 これもほぼ100%の方がYES。

 「ではなぜ歯を磨くのですか」と聞くと、

 「虫歯にならないため、歯医者に行きたくないから」などほぼ同じ答えが返ってきます。

 しかし現実は「歯を磨いているにもかかわらず、歯医者さんにお世話になっている」

 つまり目的を達成できていないのです。

 そして最後に歯がなくなると、美味しいものが美味しく食べられなくなるのです、とお伝えすると、聞いている方は、自分のことに置き換えて、つまり自分の状況ををイメージして聞いているのです。

 私は営業マンでしたから、最後にクロージングです。虫歯にならない歯磨剤、歯磨き方法をお伝えすることで商品購買の背中を押す役割を実行します。

 
 結果は全国営業トップという結果につなげました。

 今振り返ると、商材もよかったと思いますが、人が毎日実行していることで身近な話はイメージしやすく、それがよかったのかなと思います。

 今日はブランディングセミナーという内容でしたが、チラシ作成やホームページ作成において、戦略・戦術を仕掛けた「イメージ」の重要性を非常に学ぶことができました。

 今度は自分の会社のブランディングの番です。

 ホームページにしろ、チラシにしろ今までは、内容をとにかくいろいろと紹介しようとの思いで作成しておりましたが、今日以降は、研修で学んだことを一つずつ実行していきたいと思います。

 渋谷雄大 先生、ありがとうございました。
 
 ちなみに渋谷先生は、「ジャイロ綜合コンサルティング」のセミナー事業部長です。
スポンサーサイト

| コミュニケーション | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/160-7652be1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。