頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今後の福祉施設はどうなる?

今日世界の人口が70億人に達したそうです。私が小学生のころ習った世界の人口は確か45億人くらいだったかなと記憶していますので、30年ほどで25億人も人口が増えています。

日本は世界に類を見ない超高齢社会に直面しています。
日本の人口1億2700万人のうち、65才以上の人口は23.1%という状況です。

2055年には人口のが2.5人にひとりが65歳以上の高齢者という人口推計も発表されています。
高齢化率は40.5%だそうです。

高齢化に伴って様々な社会問題に直面することになります。年金、医療、介護など社会保障制度は特に大きな問題として度々マスコミでも取り上げられています。

私は社会保険労務士、社会福祉士として年金、福祉、介護の課題には特に関心があります。

先日も年金が68歳から支給開始年齢を引き上げるということも報道されびっくりしました。
これは今国会には法案が提出されないということで、一旦は見送りになりましたが、いずれ近い将来また議論さえることになるのではないでしょうか?

それから介護も誰もが直面する課題ではないでしょうか。
私の亡父も要介護状態が約3年ありました。
病院と自宅の往復のあと、ようやく順番が回ってきた施設に入所しましたが、入所から2週間で他界しました。

昨日も福祉系資格の専門学校で講師をしておりましたが、非常に多くの受講生の方が大変熱心に福祉について勉強されました。
何名かの受講生とお話したのですが、介護の世界で何か役に立ちたいという方が多く、大変心強く感じました。

そしてその受講生を受け入れる施設側にも大変大きな変化が起きています。
ある介護施設(特別養護老人ホーム)の責任者は、新しくできる有料老人ホームやケアサービス付き高齢者専用賃貸住宅など在宅と施設の中間的存在の新しい施設の動向が、非常に気になるとのことでした。

特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人は、入所待機者が42万人いるとも言われています。
その数字をあてにすれば、当面の経営が大丈夫かと思いますが、先にあげた新しい形態の施設が続々と誕生し、競争原理がはたらくと、当然利用料の価格も下がりますので特別養護老人ホームと差ほど価格差がなくなる傾向にあります。

さらに民間の施設は、ホテル並みのサービスを提供する施設も登場していますので、価格が同じくらいであればサービスの質のよい施設を希望するのも当然の流れになるのではないかと予想できます。

先の特養施設の責任者の方も、そのあたりを危惧されていました。

ただそのような危惧を持っている施設の責任者は多くないのが現状だと思います。
人口の推計なども参考にしながら、できることから対策を打っていくことは非常に大切なことだと感じました。
スポンサーサイト

| 福祉経営 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/165-d91849a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。