頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーダーシップ3本柱

最近、リーダーに関する本が非常に多く出版されています。出版不況とも言われる中「リーダーシップ」の本は日本人にも関心が高いのかと思います。

これは今、話題のTPPも関連しているのでしょうか?
近年の日本の首相のリーダーシップは、決して高いとはいえません。
のらりくらりのリーダーでは、安心してついていくことができません。

そのような状況ですから、いま「リーダーシップ」はこうあるべきだという関連の本が非常に目に付くのではないかと思います。

私も先日、リーダーシップに関する文章を介護系の雑誌に執筆したのですが、いまリーダーに求められる重要な資質を3つ挙げました。

① 俯瞰力
  組織の全体を見渡す力は必要だと思います。部分最適ではなく全体最適を意識した組織経営(マネジメント)が必要であると。リーダーシップはよく船を使って表現されますが、船長は自分達の向かう先を明確にし、そのルート(戦略)を検討し、船員たちにそれぞれの役割を理解させることが必要です。

② 伝達力
  コミュニケーション力です。伝達には2つ意味があると考えています。
  ひとつは「伝える」です。これは自分が中心になっています。1人称での自己満足になります。
  組織ではよく伝達ミスということも発生します。
  これは「私は伝えました」ということに原因があります。ミスが生じるのは相手にとっては「伝わっていない」という時です。相手に伝えたのかもしれませんが、結果は相手に伝わっていないのです。
  これに対して「伝わる」があります。これは2人称の他己満足になります。
  コミュニケーションは相手に「伝わって」初めて成立するのです。

  リーダーにはこの「伝わる」力が必要になってきます。

③ ビジョンを持つ
  リーダーの俯瞰力とも関係しますが、「ビジョン・目的・夢」を持つことも非常に重要なことだと思います。
  人間は目的があるときの行動と、ないときの行動は明らかに違うがあると思います。
  同じ行動をするにしても、目的のあるときは、計画をたて、その具体的方法を考え、強い気持ちで実践してみるということをすると思います。
  反面、目的がない行動は、何となく実践しているだけです。
  そして何より違うのが、達成感です。何となくできてしまうこともあるでしょう。しかしじっくり計画を立て意識して実践した結果、成功を手に入れた達成感は全く違うと思います。
 その達成感は次に自信につながります。それが次のモチベーションにつながる仕組みがあると考えています。

 組織のリーダーはこのビジョンを部下に伝達し、一緒に達成感を味わうことが組織マネジメントにも大きな役割を果たすのではないかと思います。

 以上は、私が重要だと思う3点です。これ以外も挙げればきりがありませんが、まずは自分のリーダーシップ3本柱を確定し、実践していくことが重要ではないかと思います。
スポンサーサイト

| リーダー | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/166-d6e37c27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。