頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ふつう」という言葉

先日ある企業のリーダー研修のグループディスカッションでの一幕です。

 Aリーダー:「このような場合、普通はこうなんですよ」

 Aリーダー:「他ではこのようにやっているのが普通ですよ」

 このような発言が非常に多い方がいらっしゃいました。

 そこの場にいた他のメンバーは、なんとなくさえない表情です。

 恐らく何回も聞いているうちに、「自分たちは普通ではないのか」などの感情を持ち始めたのではないかと思います。自分たちのやってきたことを否定されているのではないかと。

 ただリーダーは決して否定しているのではなう様子です。
 自分の考えを素直に表現したかったのではないかと思います。

 ところが何回も繰り返すことで、先のような感情を他のメンバーに抱かせることに至ったのは、リーダーもそこまでは予想していなかったのではないでしょうか。

 その場のディスカッションは停滞ムードが漂っていました。

 「ふつう」という言葉は意外に多く使います。よく使うだけにあまり意識したり、深く考えずに使いがちです。

 ところが先にように相手に不快感を与える言葉にもなりかねません。

 直接否定する言葉ではないですが、間接的に否定していることになる場合もありますので、言葉に発するときは少し注意したほうが良いかと感じる一幕でした。


 
スポンサーサイト

| リーダー | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/183-130b950c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。