頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成果を出す


 6年生の長男の少年野球がいよいよ終盤戦に突入している。今日は最後の公式戦の3回戦、準々決勝が行なわれ、見事連勝で来週の準決勝に進んだ。
 あと2勝で優勝。長男が所属している少年野球チームは例年は常勝軍団といわれる地域でも有名なチームだが、今年の6年生は、いいところまでいくが優勝を逃している。

 やはりあと一歩は実力がないのであろうが、私が一番感じるのはここぞという時の気力・気持ちではないかと思う。
 野球は運もあり、強いチームが属するリーグに入るとそこを勝ち上がるのはやはり難しい。
 強いチームは精神力がしっかりしている。
 私も大学まで野球を真面目にやってきたので、精神力の差はいつも感じた。負けないという強い気持ち、プラス思考など、結局は勝つという気持ちが強い方が勝つ。

 うちの長男にも「負けたことから得られる悔しい気持ち」を感じてほしい。
 いくら親が「悔しくないのか」と言い聞かせても、所詮本人が自分の感情から「悔しい」という気持ちが沸きあがってこないと、本気ではない。

 しかし徐々にではあるが、最近自分からトレーニングや素振り、シャドウピッチングなど工夫をしだしたこと。今日も出かける時に、優勝という言葉を口にするなど少し本気になってきたのかとも感じる。
         

 負けて分かる悔しさを経験しているが、6年生最後の大会は「勝って分かる楽しさ」をぜひ味わってほしい。

 野球の神様は努力する選手には、必ずご褒美をくれます。(桑田真澄)
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://thinkactno1.blog.fc2.com/tb.php/59-4f7f7893

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。