頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自責の世の中に!

 
 7月になって我が家の長男も期末テストが終了し、ひと安心の気分でしょうか、部活動も本格的になってきたようで自分なりに頑張っているようです。
 親としては学年順位の成績も気になりますので、自分の学生時代以上になんだかドキドキします。
 私たちの時代と比較すると子供の数もかなり少ないですし、通知表も相対評価ではなく、絶対評価だったり、高校の序列もかなり変動しているので単純比較は難しいなと思います。

 ただ勉強のやり方については大差はないと思います。
 

 ところが長男がテスト勉強のやり方が良くわからないと相談してきました。
 「勉強の内容・中身」を聞いてくるのではなく「勉強のやり方」を聞いてきたのでびっくりしました。

 「やり方」は自分で工夫して考えるものだろうと言いましたが、何だかよく分からないらしく結局、私が学生時代にやっていた方法を伝えました。
 ただ「これは「あくまで参考」にするもので、自分がやりやすいように変えていけばよいし、成績が悪かったら次に方法を変えてみたら」と言いました。
 私の場合は、とにかく書いて覚える。英単語など覚えるときは、ボールペンのインクが3日でなくなっていました。
 昔からある外からインクの量が見えるタイプですと、一日でどれだけインクが減ったかが見えるので一日の頑張り具合を楽しみに行っていました。(浪人時代の話です)
 仕事の見える化に近いですかね。成果が分かると次へのやる気に繋がります。

 さて考えてみると今の学校は、非常に多くのプリントを渡してきます。そんなことわざわざ言わなくてもわかりますよ、というものまで保護者宛てに渡されます。
 同じように子供にもあれやこれやと、マニュアルのように細かい指示があるのではないかと思います。

 自分で考える習慣・クセがいつまでもつかない原因ではないかと・・・。

 ゆとり世代と言われる世代が数年前から社会人として働いていますが、これらに関連することが上司から多く寄せられます。

 「言われないと動かない」
 「指示をひたすら待つ」
 「自分で工夫することをしない」
 「みんなと同じじゃないと不安」 など今後の日本社会がなんとも不安になります。

 その反面、私は多くのベンチャー企業のオーナーと出会う機会があります。まさにゆとり世代とは真逆です。
 目的や結果のイメージを明確にし、自分から仕掛けて行動するタイプです。
 「みんなと同じなことが不安」と言われます。
 特に最近の日本の世の中、どうみても雑然とし、イライラ感が漂う人が多いと思います。
 人のせい、社会のせい、会社のせい、学校のせいなど他責社会だと感じています。

 ベンチャーの起業家は、ほとんどが自責。結果は自分の責任と自分を振り返ります。
 失敗は成功の素。
 やり続けるから成功する。途中で辞めるから失敗の結果となる。
 
 思ったら即行動をこれからも実践していきたいと思います。
 

| 人材育成 | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

異業種交流の活用

 ◆ 最近積極的に参加中です

  6月もそろそろ終わりです。今月は異業種交流会に3回出席しました。
 名刺交換した枚数は87枚。
 久々の多さです。

 異業種交流会や懇親会というのは、異業種と言いつつも同じ考え方や同じベクトルを持った方が
多いのではないかとも思うことがあります。

 結局は自分で、気の合う方を選んでお話をしているのだとは思いますが、様々な業界や職種の方との情報交換は多くの刺激を受けますし、改めて自分も負けてはいられないと感じる良い機会です。

 そんな感じで交流会に参加し、ある弁護士の方と意気投合し新たな異業種交流会のお誘いを受けました。
 最近流行りの朝食会です。
 約20名の様々な業界の方が参加されているそうで、1業界1人という枠があるそうです。
 いまから非常に楽しみです。

◆ 異業種交流会から得られるもの

 私は人材育成の専門家として参加させていただきます。
 いま日本は少子高齢化です。今後はますます労働者人口が減少していくことが分かっています。
 直近をみると、就活については超氷河期とも言われますが、少し長期なビジョンで見ると今後は若い労働力を
採用することが非常に難しくなるのではないかと想像できます。

 巨大企業や大企業の人材採用はネームバリューもありますので優秀な人材を継続的に獲得しやすい環境ではないかと思いますが、問題は中小零細企業の人材採用はますます難しくなるのではないでしょうか?

 最初から優秀な人材を獲得できれば、企業の業績に貢献してくれる可能性も高いとも思いますが、それが正解とも言えません。

 私も人材育成の仕事の関わり、多くの若手社員にもお会いします。入社当初はあまり仕事に熱心ではなかった人材が何かのキッカケで大きく変わることも多く見てきました。

 出会った人、出会った本、出会った研修など何かのキッカケで人は変わるものです。

 私は社会人になったころ異業種交流会の事務局をしていたことがあります。
 異業種交流の難しさ、例えばビジネスマッチングなど簡単ではないこともありますが、多くの場合、人との出会いを求めて参加されていると思います。

 多くの方に出会い、多くの刺激を受け、自分を変えるキッカケに交流会を活用する。

 今回お会いした数名からメールを頂戴しています。
 「今後も交流を続けましょう」というメールです。

 早速、7月は今回の交流会のセカンドステージの会に参加です。

 また刺激を受けてきたいと思います。

| 人材育成 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

介護ヘルパー養成

私は3月よりホームヘルパー2級の養成研修の講座を担当しています。
 昨日も「老人福祉のの制度とサービス」という内容で3時間お話させていただきました。
 テキストの都合で3時間で150ページの分量があります。
 ひとつひとつ細かく見ていると到底時間切れですので、あらかじめレジュメを作成し、要点を
まとめてそのレジュメを使用しながら猛スピードで授業をしていますので、受講生の方には大変
申し訳なく思います。 すみません。
 
 受講生のみなさん、ぜひテキストを復習してくださいね。

 さて毎回20名の受講生がとても真剣に受講していただいています。初めて聞く福祉用語もあるかと思いますが、メモを取りながら真剣な意気込みが伝わってきます。
 2級ヘルパーは130時間の授業時間があります。
 その内容は、講義、実技、実習と非常に忙しい内容で、ヘルパーを養成するプログラムになっています。
 そのようなプログラムを順調にこなしていくと、修了式にヘルパーの認定証がいただけ、都道府県知事に登録になります。
 
 ただ登録を受けた方の2割くらいしか仕事に就かないという現実があります。
 昨日も講義の最後に受講生の方に、ヘルパーとして就業予定の方はいますか?とお尋ねすると
20名中5名だけ。

 その他の方は、今後のためにとりあえず取得しておこうという動機とのことです。いわば運転免許証のようなものです。

 今、介護の現場は慢性的な人不足です。就職難とも言われますが、介護・福祉業界はとにかく人が足りません。

 私も介護事業に進出したいとの相談を多く頂きます。介護事業を始めるには、所定の書類、設備など基準がクリアされ、都道府県知事若しくは市町村長の認可を得ていれば事業を開始することはできます。
 いま相談いただいている会社も、ケアマネジャーとヘルパーがなかなか採用できず、開業予定が延び延びになっています。

 養成の現場にいることもあり、介護に興味関心を持っている方は多くいるということは実感できます。
 ヘルパー、介護福祉士などの潜在化している人材に、如何に現場で活躍してもらうことの重要さを非常に
感じます。

 養成の次は、職場環境の整備、賃金の改定など早く、業界全体、国などが取り組まなければ今後のの更なる需要に到底対応できないことは目に見えています。

 私自身も23年後は65歳以上の高齢者です。
 日本社会全体が、介護は他人事ではなく自分の問題として捉えなければならないのでしょうか?

 自分の親の介護問題など、自分の問題として直面した時、この介護業界の異常さに気づくことになると思います。

 私も微力ながらこの問題に真剣に取り組んでいきたいと思っています。

| 人材育成 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

習慣づくり

今日から中1の長男が昔でいう中間テストです。
 今は学力到達度テストという名称に変わっているようです。

 小学校では学年順位などの序列化がされないので、自分の相対的な学力レベルが分かりにくかったですが、
中学校では明確な学年順位が分かりますので、親としても少し気になります。

 最近、長男が朝早く起きて勉強するという習慣が徐々に出来てきたように思います。
 まだ毎日とはいかないですが、自分で起きて朝から計算ドリルや漢字練習などをやっています。

 少し勉強をする意味が分かってきたのかとも思います。
 私もコーチングを生業としているので、子どもにもコーチングを意識して接しています。

 そのお陰か最近は「勉強しなさい」とはほとんど言いません。言わなくても「勉強する」という意味が子どものこころに落ちれば、主体的・自律的に行なうものだなと自分の子どもでも実感できます。

 あとはこの「勉強する」という習慣が完成した時、子どもの気持ちの中に勉強しないと落ち着かない、気分がすっきりしないという感情が沸いてくるものだと思います。

 私も資格試験の勉強をしているとき、同じ行動をしていました。
 朝は5時30分起床、その後7時まで90分間、勉強を約1年続けました。
 最初は毎日とはいきませんでしたが、1ヶ月もすると、勉強をしないほうが気分が落ち着かないという気持ちになっていました。
 前日が遅く、どうしても5時30分起床できないときは、仕事中のスキマ時間の90分を確保し、朝の分を挽回しようと行動していました。

 ほんとに習慣は恐ろしいものです。

 この習慣を良い方向に活用すると、今までとは違った世界が見えてくるのではないかと思いながら、今後もさらに良い習慣づくりをしていきたいと思います。

| 人材育成 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。