頑張る人の応援団

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高校球児のあいさつ

  いよいよ高校野球の季節が到来です。
 昨日は沖縄代表が決定し、今後もぞくぞくと甲子園出場が決まります。
 私もこの時期は、時間があると地方予選を観戦に行きます。
 今年も自宅近くの阿久比球場での開幕戦をみてきました。


__


 球場に着くなり、多くの選手から「おはようございます」と声を掛けられました。
 一緒にいた次男が「お父さんの知ってる人?」と聞いてきました。
 私は「知らない人だよ」と言いました。
 すると、「高校野球の選手は声が大きいね。僕も大きな声であいさつしたくなった」と言いました。

 実は甲子園大会でも、野球Tシャツなど何となく野球をしているだろう格好で、球場周りを歩いていると多くの選手にあいさつをされます。なかなか気持ちのよいものです。
 

 球場の選手入口には「マナーのできる選手になろう」と張り紙がしてありました。
 選手たちが、それを当たり前に実践していることに私もうれしい気分でしたし、うちの子供も何らか感じるものがあったみたいでした。

 地元の高校の試合でしたが、この試合には知り合いはいませんでしたが、やはり選手からの
あいさつはとても気持ちのよいものでした。

  野球だけではないですが、スポーツをしている方は「あいさつ」については、ごく自然なことだと思います。

 挨拶をするタイミング、場所、声の大きさなど自然に身につくのではないかと感じます。
 子供のころに身に付けた「当たり前のこと」は、大人になっても自然にできるものです。
 改めて訓練、トレーニングをする必要もないくらいにです。

 新入社員研修など若手を研修すると、こどものころに「当たり前のこと」が身についていない人が増加していると感じます。
 学校生活からぜひ「あいさつ」を徹底してほしいと思います。





 

| コミュニケーション | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電話の活用

  私のウィークデイは平均30本くらい電話をかけたり、着信があります。
 今日は特に電話が多い日でした。

 お客様と商談していたり、研修中などは電話がとれませんので、後でかけ直すとタイミングが合わずなかなか通じないこともよくあります。じつはこんな時に意外とビジネスチャンスがあったりしますので、ビジネスは難しいです。

 仕事をするうえで電話の存在は非常に大きなものだと感じます。
 電話をしてきてもらえるということは、私に用件があるということです。
 先ほども書きましたがそこには、多くのビジネスチャンスが多数存在します。
 私も個人事業主のようなものですので、事務所の電話も携帯へ転送するなどし、なるべくビジネスチャンスを逃さないようにしています。
 
 また電話の内容も変化してきています。

 若いころはクレーム的なお話もありました。会社から電話がなるとまたクレームかなと恐る恐る電話に出たものです。ただ最近はクレームの電話はほとんどありませんので、精神的にも安定します。

 私の最近の電話事情は以上のようなものですが、今日は珍しく久しくお会いしていない方からの電話が多い日でした。
 最近、名刺交換をしたばかりの方からも電話をいただき、改めてお会いする約束を頂きましたし、
 半年ぶりの方、3か月ぶりの方など、わざわざ私に相談していただけることは、非常にありがたいことです。

 私は仕事上、企業のリーダーの方とお会いする機会が非常に多いのですが、できるリーダーの方は電話でビジネスしているという印象もあります。
 多くの方から信頼され、頼られ多くの相談を持ちかけられているようすを目の当たりにします。
 そしてその表情も共通点があり、非常に笑顔でかつ、声が大きい(ハキハキしている)ように思います。

 仕事が上手くいっていない人は、何となくコソコソ話、人前から消えるような気もします。
 これはあくまでも私の感想なので、違っていたらすみません。

 今や電話、特に携帯電話はビジネスでは必須アイテムです。
 さらに携帯を活用した様々なコミュニケーション手段も登場していますので、上手く活用しなければと思う今日この頃です。
 
 
 

| コミュニケーション | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございます

 今日は朝から何となく気分がよく、プラス思考のスタートが切れました。
 それは早起きのせいだと思います。おそらく私の脳内にセロトニンが分泌されたせいかもしれません。

 例えば朝、愛犬のシェパード(ジャック)が玄関を素晴らしく散らかしておりました。いつもであれば、その片づけも何となく気分悪く片づけをしているのですが、今朝は不思議とこんな気持ちになっていました。

 「散らかしてくれたおかげで、掃除する機会をくれてありがとう」という気持ちでした。

 その流れで朝から洗車までしていました。すると近所のおばさんが、「朝から感心ですね」との一声。
 かなりいい気分で仕事に向かいました。

 今日は4件のお客様にお会いしました。そのうち3件は保険相談だったのですが、全員の方から感謝の言葉を頂きました。特に60歳を超えたお客様からは、「こんなに保険を納得できたことは初めてです」と。

 私のモットーは、専門用語は使わない、なるべく分かりやすい言葉に変換してお伝えすること。

 皆さんも保険約款などを渡されたことがあろうかと思いますが、読む方はほとんどいないと思います。
 実はあの小さな本には、超重要なことがぎっしり、専門用語で書かれています。

 私の知り合いの保険募集人でも、理解していない方も多いのです。

 お客様にとっては、専門用語の羅列ですから、質問もできない状態です。このような状況でご契約され30年ローンで約1000万のお買い物をされるわけですから、このような販売方法に疑問を持ちます。

 今日はそれを分かりやすい言葉に置き換え、じっくりとお伝えすると「ありがとうございます」という感謝の言葉を頂けたわけです。

 どのようなことをすると、お客様から「ありがとう」という言葉を頂けるのか改めて実感できる一日でした。

| コミュニケーション | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。